現実と非現実のはざまで

編集者・ライターとして10年が過ぎたとき、「誰かのために」つくるだけではなく「自分がつくりたいもの」をつくりたいなと思うようになりました。

そこで、11月24日(土)に開かれる「第29回文学フリマ東京」に出品します。

わずか30ページほどに詰め込んだ“わたし”が主人公のエッセイ。現実と非現実のはざまで“わたし”が生きてきたこれまでと、思考の断片をまとめています……と言いながらまだまだ絶賛執筆中です。どうなることやら。

作品タイトル『ふぅ〜っと飛ばされてみたら』
著者 くぼたかおり|表紙デザイン 廣田義人( 机の上 )| 価格 500円
BOOTHで販売中です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中